プログラミング

Macbookが大学生のノートパソコンにおすすめ|理由・感想・比較

本記事は「Macbookが大学生のノートパソコンにおすすめ|理由・感想・比較」について書いています。

  • MacBookを選ぶメリット・デメリット
  • Windows・Surfaceとの比較
  • オススメの機種
  • 大学生がお得に購入する方法

大学生になってパソコンが必要になった大学生」や「MacBookを買おうか考えている大学生」に向けて書きました。

この記事を書いている僕は小学生の頃からパソコンを使っている、Windows歴6年、MacBook歴3年の大学生エンジニアです。

MacBookを購入する際の参考になればなと思っています。

大学生におすすめのノートパソコンはMacBook

結論、大学生におすすめのノートパソコンはMacBookです。

デザインが洗練されていて、操作が直感的、iPhoneとも連携できて、映える」のがMacBookなんですよね。

元々Windowsを愛するユーザーだった僕ですが、大学2年生の後期にMacBookに変えました。

以下で、macbookを選ぶメリット・デメリットについて紹介します。

大学生がノートパソコンにMacbookを選ぶデメリット

大学生がMacBookを選ぶデメリットから紹介します。

  1. 安くても12万円〜
  2. Officeが搭載されていない
  3. オンラインゲームができない

順に解説していきます。

MacBookを選ぶデメリット①:安くても10万円

最も安い「MacBook Air」を学割料金で買っても10万円以上します。

ほとんどの方は保険(AppleCare+)をつけると思うので、12万3800円。

13インチ MacBook Air価格(税込み)
通常価格11万5280円
学割後10万3180円
通常+保険14万1460円
学割+保険12万3860円
  • AppleCare+(通常):2万6180円
  • AppleCare+(学割):2万680円

一方のWindowsだと3万円ほどから買えます。

もちろん機能やデザインが違うので一概には言えませんが、MacBookは価格のスタートラインが比較的高いです。

ある程度(10万円以上)の予算がある大学生向けになりますね。

MacBookを選ぶデメリット②:Officeが非搭載

MacBookには、大学生活に必要なWordやExcel、PowerPointが使えるMicrosoft Officeが搭載されていません。

通常、Microsoft Officeを使うためには別途1万円以上(プランによって異なる)が必要になります。

ですが、マイクロソフトに認定されている大学の学生は無料でOfficeをダウンロードすることができます。

2020年現在、日本大学や近畿大学などをはじめ、多くの大学で無料で配布されています。「〇〇大学 office 365」で検索!

MacBookを選ぶデメリット③:オンラインゲームができない

一部を除いて、オンラインゲームはMacBookに対応していません。

RPGやFPSをノートパソコンでプレイしたい大学生には不向きですね。

【大学生がノートパソコンにmacbookを選ぶデメリット】

  1. 安くても10万円〜
  2. Officeが搭載されていない
  3. オンラインゲームがほぼできない

大学生のノートパソコンにMacBookがオススメな理由

大学生にMacBookがオススメな理由を紹介します。

  1. 洗練されたデザインで映える
  2. 直感的に操作ができる
  3. iPhoneと連携できて便利

まとめると、「洗練されたデザイン、操作が直感的、iPhoneとも連携できて、映える」のがMacBookです。

順に解説していきます。

macがおすすめな理由①:洗練されたデザインで映える

まあやっぱり、MacBookがおすすめな理由はこの「洗練されたデザイン」にありますね。

何と言っても「かっこいい」・「いけてる感」・「クール」な感じがApple製品にはあります。

いらない要素が省かれたシンプルなデザインで、Windowsにはないスタイリッシュさが魅力的です。

MacBookはしょうみ、めっちゃ映えます。なんてたってオシャレだから。

結局ここに帰着するんですよね。大学生たるもの映えが命です。つまりMacBookは命。

macがおすすめな理由②:直感的に操作ができる

大学生にMacBookがオススメな理由は「直感的に操作ができる」から。

パソコンに苦手意識のある大学生の方も多いと思いますが、macbookであれば直感的に操作することができます。

さらに「iPhoneに似た感覚で操作可能」です。

同じappleの製品ということもあって、操作性が似ています。半分寝ててもいけます。

外見的なデザインもそうですが、使いやすさのデザインも優れているのがMacBookですね。

macがおすすめな理由③:iPhoneと連携できて便利

あとは、MacBookとiPhoneが連携できるので何かと便利です。アルバムとかも直ぐに同期されるし。

元アンドロイド勢でしたが、MacBook買ったの機にiPhoneに変更したら、超便利でした。

MacBookとWindows・Surfaceを比較

大学生がノートパソコンの購入を検討する際に比較対象になるWindows・SurfaceとMacBookを比較してみました。

比較①:MacBook vs Windows

Windowsは「種類が多く、価格帯や性能を比べながら自由に選べる」のがポイントです。

富士通やPanasonic、海外のメーカーもwindowsのパソコンを販売しているので、めちゃくちゃ選択肢が多いです。

一方のMacBookは、よくも悪くも機種が少ないですね。

また、性能やデザインが違ってくるので、一概には言えませんが、費用を抑えてパソコンを購入したい場合は、Windowsの方が費用のスタートラインが安いです。

比較②:MacBook vs Surface

マイクロソフトが出しているSurfaceにはMacBookにはない魅力があり、それが「タブレット利用が可能」なことです。

Surfaceはディプレイからキーボードを取り外すことができ、タブレットとしての使用が可能になります。

タブレットとして使えると、ペン入力ができますし、イラストを書いたりするのにも使えるので非常に便利です。

タブレットとしての使い道も考えている人は、Surfaceを検討してみても良いかも。

MacBookはこんな大学生におすすめ

MacBookはこんな大学生におすすめです。

  • パソコン初心者の大学生
  • iPhoneを使っている大学生
  • オシャレに映やしたい大学生
  • 10万円〜の予算がある大学生

ノートパソコンに初めて買う大学生やパソコンの操作に苦手意識のある大学生にMacBookがおすすめです。

iPhoneユーザーや映やしたい人にも!

こんな大学生にMacBookは不向き

  • 価格重視
  • 映えとか興味ない
  • iPhone使っていない
  • パワポとワードができたらOK

「直感的!」とか「映え!」とか「iPhoneと連携」とかは別にどうでも良くて、「安くて最低限WordとパワーポイントができたらOK」の方はWindowsにした方が無難かと。

大学生はAir・MacBook・Proのどの機種・サイズがオススメ?

MacBookがオススメのなのはわかったけど「じゃあ、どの機種を買えば良いの?」と思われますよね。

まず、MacBookは「MacBook Air」「MacBook」「MacBook Pro」の3種類のノート型PCがあります。

タイプ毎に性能や価格、画面の大きさが変わってきます。

MacBook Air・MacBook・MacBook Pro、それぞれの機種の特徴や選ぶべきポイントについて紹介します。

大学生のMacBookの選び方を要約するとこんな感じ。

  • 価格を抑えたい大学生→MacBook Air
  • バランス型大学生→MacBook
  • 動画編集やプログラミングしたい大学生→MacBook Pro

価格を抑えたい大学生は「MacBook Air」

MacBookが良いけど、用途はレポートとかぐらいだし安く済ましたい」という大学生は、最も安い「MacBook Air」がオススメです。

最も安い「MacBook Air」ですが、ネットサーフィン、レポート・パワポ作成には十分すぎるくらいで動きもサクサクです。

将来何かするかも?な大学生は「MacBook」

もしかしたら将来的に動画編集やプログラミングをするかもだし、お金も+2万円くらいな出せる」という大学生には「MacBook」がオススメです。

今の時点でレポート作成以外に使う予定はないけれど、将来的に何かしたいのであれば、これくらいのノートパソコンを持っておいても良いでしょう。

いざというときに、「MacBook Air」よりも快適に作業ができます。

動画編集などにも使うなら「MacBook Pro」

動画編集やプログラミングなどにも使いたい!」という大学生にはMacBook Proの購入をオススメします。

動画編集やプログラミング、デザインを快適に行うためには、それなりのスペックが必要です。

大学生におすすめのMacBookのサイズは13インチ

持ち運びするなら絶対に13インチがオススメです。

15インチは持ち運びに向きません。後輩が15インチを買って後悔していました。

動画編集やデザインをしたいなら大きい方がいいです。

大学生がmacbookをお得に購入する方法

大学生がmacbookをお得に購入する方法を2つ紹介します。

  1. 学割を使う
  2. 整備品を買う

①:学割でmacbookをお得に購入

Macは公式の学割があって、学生であれば安く購入することが可能です。

学割の割引率は最大で7.3%です。

②:macbookの公式の整備品を購入

整備品を選べばお得にMacBookを買うことができます。

整備品:初期不良で返された製品をAppleの基準に則って整備した製品

ほしい機種が常に販売しているとは限りませんが、まずはチェックしてみてください!

整備品の割引率は15%程度

MacBook周りのアイテムを買ってより便利にしよう

MacBookを実際に使っていくにあたり、MacBookと一緒に買っておきたいアイテムを紹介します。

MacBookに必須のアイテム2つ

まず、確実に「持ち運び用のケース」が必要になります。生身はだめ!すぐにお亡くなりになります。

inateckのスリーブケースがおすすめ。カッコいいし充電コードをいれるポーチが付いてきます。

2年ほどこのケースを使っていますが、すたれることなく、今でも現役。

また、近年のMacBookはUSB-Cポートのみで、通常のUSBがそのままだと挿さりません。

大学生活でUSBを使うと思いますので、USBと合わせて変換コネクターを買っておきましょう。

MacBookにあったら便利なアイテム

保護フィルム+キーパッドカバー」はMacBookを綺麗に保ちた大学生には必要かなと。

また、最近良く見かけるのがPCスタンド

別になくても良いと思いますが笑、肩こりとかする友達が言うには圧倒的に楽らしい。

MacBookに必要なアイテムを購入する際はAmazon Prime Studentに登録しておきましょう。

学生限定でお急ぎ便無料をはじめ、たくさんのメリットがあります。

\6ヶ月無料でお試し/

アマゾンプライムスチューデントの年会費・デメリット・登録方法|違い本記事は、「アマゾンプライムスチューデントの年会費・デメリット・口コミ・登録方法」について書いています。一般のAmazon Prime会...

大学生におすすめのMacBookの活用法

大学生にオススメのMacBookの活かし方を紹介します。

大学生はMacBookをiPhoneと連携して日常を便利

まずはiPhoneと連携して、日常を便利にしましょう。楽チンよ。

MacBookで新しいことに挑戦しよう

MacBookをせっかく買っ他のであれば、新しい何かに挑戦してみましょう

今が良い機会です。プログラミング・デザイン・動画編集に挑戦してみたり。

買うだけじゃなくて、使ってあげないと意味ないですからね。

大学生のうちにやるべきこと17選|理系・文系の挑戦すべきこと|勉強「大学生のうちにやるべきこと17選|理系・文系の挑戦すべきこと|勉強」について書いています。 大学生のうちにやっておくべきことを①...
プログラミングを試したことがない大学生は損しています。。本記事は「プログラミングを試したことがない大学生は損しています」というテーマで書いています。 【記事の内容】 大学生...

僕自身Macを使い始めてもうすぐ3年になりますが、MacBookの購入に対して、非常に満足しています。

ということでMacBookが心からおすすめ!

以上、現役大学生エンジニアによる「Macbookが大学生のノートパソコンにおすすめ|理由・感想・比較」でした!

  • MacBookを選ぶメリットデメリット
  • Windows・Surfaceとの比較
  • オススメの機種
  • 大学生がお得に購入する方法
ABOUT ME
アバター
はたけん
◾️フリーランスのWebマーケターです。月間5万PVの本ブログ他、複数のWebサイト・サービスを制作、運営しています。◾️高専→EdTechベンチャーのエンジニア→セブ島の日系大手語学学校のマーケター→フリーランス ◾️プログラミング歴は7年ほど。和歌山県有田市出身で、趣味は柔道です。

>> プロフィール
>> Webマーケのお仕事依頼
>> ライティングの依頼
>> お問い合わせ
一緒に読まれている記事