プログラミング学習

【稼げるってまじ?】大学生がプログラミングで稼ぐ5つ方法

本記事は、「【稼げるってまじ?】大学生がプログラミングで稼ぐ5つ方法」というテーマで書いています。

「プログラミングで稼げるってまじ?」、「どうやって稼ぐの?」という大学生に向けて書きました。

この記事を書いている僕は、プログラミングを17歳から始め、その後企業でエンジニアインターンをしていました。今はメルボルンでオリジナルサービスを開発しています。これまでに10名以上の後輩や友人にプログラミング学習のアドバイスをしてきた経験があります。

この記事を読むことで、プログラミングで稼ぐ具体的なイメージを掴むことができるようになると思います。参考になると嬉しいです。

大学生はプログラミングを始めると稼げるってまじ?

大学生はプログラミングを始めると稼げる!!」なんて言われていますが、実際はどうなんでしょうか。結論は「スキルと行動力があれば稼げる」です。

  1. プログラミングスキル
  2. 行動力

大学生がプログラミングのスキルを身につけてその上でしっかりと行動できれば、一般的なアルバイトよりもかなり稼げるようになると思います。スキルだけや行動力だけあってもダメで、スキルと行動力の両立があって始めて稼げるようになります。

プログラミングを試したことがない大学生は損しています。。本記事は、「プログラミングを試したことがない大学生は損しています」というテーマで書いています。 就活で優位に立ったり学生ながら良い...

大学生がプログラミングで稼ぐ5つ方法

大学生がプログラミングで稼ぐ5つの方法を紹介します。

  1. 就職
  2. アルバイト
  3. 受託
  4. オリジナルサービスの開発
  5. 短期インターンシップ

以下で詳しく解説します。

大学生がプログラミングで稼ぐ方法①:就職する

大学生がプログラミングで稼ぐ手っ取り早い方法は「エンジニアとして就職」することです。しょっぱなからちょっとイレギュラーな回答になってしまい申し訳ないのですが、とはいえ大学生がプログラミングを始めてから稼ごうと思うと、卒業後にエンジニアとして就職するというのが手っ取り早い方法かなと思っています。

エンジニアの需要は非常に高く、給料も高い場合が多いです。

大学生がプログラミングで稼ぐ方法②:アルバイト

個人的に最も王道な稼ぎ方だと思うのが「プログラミングのアルバイト」をすることです。

結局アルバイト??となるかもしれませんが、プログラミングのアルバイトはスキルさえあれば、時給1500円を超えることも珍しくないです。例えばコンビニのアルバイトで、レジ打ちのスピードをいくら極めたところで1500円にはなりませんよね。

大学生がプログラミングで稼ごうと思ったときに、まずはアルバイトや長期インターンで実務経験を積みながら稼ぐのが最も良い方法だと思います。

キャリアバイトなどでプログラミングのアルバイトの求人を見つけることができます。

【プログラミングのアルバイトを探している大学生へ】サイトを紹介この記事では、「大学生向けのプログラミングのアルバイトを探せるサイト」を紹介しています。 一般的なアルバイト求人サイトに大学生向け...

大学生がプログラミングで稼ぐ方法③:受託・クラウドソーシング

「仕事を受託」してお金を稼ぐ方法もあります。クラウドワークスランサーズなどのクラウドソーシングサイトを利用したり、知人やTwitter経由で仕事を受注するという方法があります。

幅広い仕事が募集されているので、一度チェックしてみてください。

大学生がプログラミングで稼ぐ方法④:オリジナルサービスの開発

自分だけの「オリジナルサービスやアプリを開発」して収益化してしまうのも一つの手です。

スマホアプリを有料で販売したり、Webサービスを作って広告収入でお金を稼いでみたりなど、プログラミングを使ってできることはたくさんあります。

自分のアイデアを実現する途中でスキルがアップしますし、お金にもなるのは控えめに言っても最高ですね。

ちなみに、僕は大学を休学して友人とWebサービスを開発し始めました。

大学生がプログラミングで稼ぐ方法④:短期インターンシップ

個人的にかなりおすすめなのが「短期インターンシップ」に参加することです。一般的なインターンシップは無給がほとんどですが、さすがエンジニア、高給な報酬が用意されています。

2019年度の短期インターンシップ(有給)の例を紹介します。

LINE8万円/8万円
DeNA10万円/4日間
ワークスアプリケーションズ16万円/16日間
サイボウズ10万円/5日間
楽天時給1,300円/5日間

多くの有名なIT企業が有給でエンジニアインターンを行なっていますね。もちろん日程が被らなければ複数社に参加できるので、夏休みだけでもがっぽり稼げますね。ある程度スキルがあることが前提になります。

大学生がプログラミングで稼ぐ5つ方法

  1. 就職
  2. アルバイト
  3. 受託
  4. オリジナルサービスの開発
  5. 短期インターンシップ

プログラミングで稼ぎたい大学生はスキルを身につけつつ行動しよう

プログラミングで稼ぎたい大学生はスキルを身につけつつ行動しましょう!スキルだけあっても行動しないとお金になりません。また一定のスキルがないと行動しても成果に結びつきません。

そして、行動しながらスキルを上げていくことが大切です。受託開発や短期インターンでスキルレベルを上げながら自分の価値を高めていけると良いですね!

プログラミングをこれから始めたい方は、少しずつでも良いので早めに勉強を始めるといろんなことに挑戦できるようになります。

行動し始めるのが遅くなると、インターンのタイミングを逃してしまったりとチャンスを得る機会が減っていきます。

【プログラミングを独学したい大学生向け】学習・勉強法を解説本記事は「【プログラミングを独学したい大学生向け】学習・勉強法を解説」というテーマで書いています。また、記事の後半では、「独学orスクー...

応援してます!!

ABOUT ME
アバター
はたけん
学生生活8年目の現役大学生です。高専生として5年間を過ごし、その後、大学に編入しました。「大学生の日常をちょっと豊かにする」をテーマにはたけんブログ(月間50,000pv)を運営しています。大学生をしながら、エンジニアとしてベンチャーで働いたり、セブ島でマーケターとして月間25万pvのメディアを運営しています。詳細はこちら▶︎はたけんのプロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です