プログラミング学習

【プログラミングを独学したい大学生向け】学習・勉強法を解説

本記事は「【プログラミングを独学したい大学生向け】学習・勉強法を解説」というテーマで書いています。また、記事の後半では、「独学orスクールどっちがおすすめなのか」についてもまとめました。

プログラミングの学習手順って何が良いのか迷いますよね。そんな大学生の方に向けて「プログラミングを独学するための勉強法を知りたい」という大学生の方に向けて書きました。

本記事を書いている僕は、17才でプログラミングをはじめ、その後企業でエンジニアインターンとしてWebサービスを開発していました。最近はメルボルンで友人とオリジナルのWebサービスを開発しています。そして、これまでに10名以上の大学生にアドバイスをしてきた経験があります。

少しでも参考になると幸いです!

プログラミングを独学したい大学生の学習・勉強法

独学でプログラミングを学びたい大学生のための学習・勉強法を解説します。

  1. パソコンを準備
  2. 学習する目的・言語を決める
  3. プログラミングの基礎を学ぶ
  4. チュートリアルをこなす
  5. (オリジナルの作品(ポートフォリオ・成果物)を制作する)

こんな感じですね。ここから先は目的次第ですが、自作のサイトやアプリを作りたいなら、チュートリアルが終わった時点で作り始められますし、アルバイトで実務経験を積みたいならポートフォリオの制作に取り掛かるが良いと思います。

大学生のプログラミング独学法①:パソコンを用意

まずはパソコンを用意しましょう。個人的にはMacがおすすめですが、Mac・Windowsのどちらでも大丈夫です。

大学生のプログラミング独学法②:目的と言語を決めましょう

プログラミング学習する目的をはっきりさせましょう。Webサービスやアプリをつくりたいのか、アルバイトでがっぽり稼ぎたいのか。目的に応じて学ぶべき言語が違うので、自分に目的に合った言語を調べてみてください。

Webサービス系PHP or Ruby
スマホアプリ系Kotlin or Swift
AI系Python

どの言語が良いのか分からないという方は周りのエンジニアに聞いてみましょう。周りにエンジニアがいない場合は、テックキャンプ無料体験無料相談会を利用するのが良いと思います。

大学生のプログラミング独学法③:基礎を学びましょう

自分の目的やつくりたいものが決まったらプログラミングの基礎を学びましょう。次の2つで基礎は十分学べます。

ログラミング初学者のほとんどの方が最初に使う学習サービスです。実際に僕もこの2つで基礎を勉強しました。本よりも上記2つの方が分かりやすくて、圧倒的におすすめです。

大学生のプログラミング独学法④:チュートリアルをこなしましょう

基礎を学習し終えたら、チュートリアルをこなしましょう。チュートリアルは基礎と実践の中間・つなぎです。チュートリアルをこなすことで実際の開発の流れや必要な知識を網羅的に学ぶことができます。なので欠かせません。

各言語に良質なチュートリアルがあります。「言語名+チュートリアル」で検索すると出てきます。Rubyとかだと「Railsチュートリアル」が出てきますね。チュートリアルで実際の開発を体験してみましょう。

上記で検索してみましょう!

大学生のプログラミング独学法④:実際に開発してリリース!

ここまできたら後は実戦で学ぶのみです!ポートフォリオ作ったり、実際につくりたいサービスやアプリを開発しましょう。簡単なもので良いので、自分のアイデアを実現させてみましょう。

オリジナル開発の過程でたくさんのことが学べます。アルバイト(長期インターン)したい場合や、エンジニアとして就職したい場合は成果物が重要になります!

ここまでこれたら、当初の目的達成のため動きましょう

後は当初の目的達成のために動きましょう!

  • オリジナルのアプリをリリースしたり、
  • アルバイトでがっぽり稼ぎながら実務経験を積んだり、
  • 就活に活かしたり など

他にも、短期インターンに参加して経験を積むのもありですね!

プログラミングスクールは行った方が良い?

プログラミングを学びたい方によく聞かれるのが、「スクールに通った方が良いですか?」という質問ですが、僕の答えとしては「まずは独学で始めてみて、難しそうだったらプログラミングスクールに通えばOK」です。

スクールに通わずとも自分で学べそうだったらそのまま独学を続ければ良いです。モチベーションが下がってきたり、プログラミングについて周りに聞ける人がいなかったらスクールを検討するのが良いと思います。

とはいえ、独学で始めるにあたってスクールに通うメリットや実際の雰囲気を知っておくと、割り切って独学で挑めますし、スクールに通い始めるか迷ったときの判断材料になりますね。今の時点で少しでも不安なことがあったりする場合は、テックキャンプ無料体験会無料カウンセリングを利用しておきましょう。

プログラミング初心者の大学生は独学orスクールのどっちがおすすめ?

結論:

  • 困った時に相談できるエンジニアがいる方や独学でも学びきるという強い意志がある大学生は独学がおすすめ。
  • 一方、何から始めて良いか分からない方や気軽に相談できるエンジニアが周りにいない方はスクールの方が良いです。

というのも、独学でプログラミング学習を進めていくには自分で学習手順を調べたり、開発中に起こったエラーを自ら解決していかなければなりません。自分で学習のモチベーションを保ち、エラーの解決に取り組み、時にはエンジニアに相談できる人だと独学でいけると思います。

一方で、学ぶべき言語が分からない方や学習手順に不安がある方、モチベーションの維持をできるかどうか分からない方で、お金を出せる方はプログラミングスクールがおすすめです。

また、独学可能な方であっても「費用を捻出できる」ならスクールに通った方が良いと思います。

というのも、独学とスクールでは学習効率に大きな差があり、スクールに通うことで学習にかかる時間を節約できるからです。独学だとエラーの解決に1日とかかかるところが、スクールだと5分で解決できたりするのがザラです。

初学者のうちはこのエラーの解決にかける時間が多いのは非常にもったいないので、「費用を捻出できる」なら確実にスクールの方がおすすめです。

独学がおすすめな大学生・プログラミングスクールがおすすめな大学生

お伝えしておきたいのは、「独学は人によっては遠回りな学習法」であるということです。間違った言語や学習方法の選択で遠回する可能性もあるし、スクールで学ぶよりも時間がかかります。お財布との相談次第ですが、お金を出せる大学生はスクールに通うことをおすすめします。

その上で以下を参考にしてみてください。

プログラミングを独学するのがおすすめな大学生

  • 節約したい方
  • 現時点でプログラミングが楽しいと感じる方
  • 身近に気軽に聞けるエンジニアがいる方
  • 強い意志がある方
  • 今までに何か独学しきった経験がある方

プログラミングスクールがおすすめな大学生

  • お金を出せる方
  • エンジニアが身の周りにいない方
  • 何から始めて良いかわからない方
  • モチベーション維持に不安がある方

自分がどちらか考えてみてください。

大学生が独学orプログラミングスクールで学ぶメリット・デメリット

大学生が独学orプログラミングスクールで学ぶメリット・デメリットを解説します。

大学生がプログラミングを独学するメリット

大学生がプログラミングを独学で学ぶメリットがこちらです。

  • 費用を抑えられる
  • 自走力が身につく

独学することでスクール費用の20万円前後を節約できます。「費用を抑えられる」というメリットは大学生にとってかなり重要ですね。

また、プログラミングを独学することによって「自走力」が身に付きます。自走力とは自分で行動・改善し結果を出せる力のことで、例えば、エラーを自分で解決できる力を指します。エンジニアにとって自走力は必須かつ重要なキーワードです。独学を通じて、この自走力を身につけられます。

そもそも、初学者が必要とするプログラミング学習の情報はネットに山のようにあるので、モチベーションとググり力さえあれば自分で進めていけるようになっています。また、初学者のプログラミング学習においては、無料&低価格なプログラミング学習サービスや教材が豊富なので、うまく利用することによって独学をすることが可能です。

大学生がプログラミングスクールで学ぶメリット

大学生がプログラミングスクールで学ぶメリットがこちらです。

  • 時間を節約できる
  • 途中で挫折する可能性が低くなる

大学生がプログラミングスクールで学ぶことによる一番のメリットは「時間の節約ができる」ことです。プログラミングスクールの学習時間は200時間ほどで設定されており、スクールと同じだけの内容を独学しようと思うと、1.5倍〜2倍の400時間ほどかかります。スクールに通うことで200時間ほど節約できますね。学習手順を考えたり、学ぶべき言語を決めたりする時間も削減できます。

また、スクールに通うことによって挫折する可能性がうんと低くなります。独学だと多くの人が基本的なスキルを身に付ける前に挫折してしまいますが、スクールに通う方の9割は挫折せずにスキルを身に付けることができます。独学で一番辛いモチベーション維持をスクールが支えてくれます。

独学しつつプログラミングスクールの無料体験会に行ってみるのが一番だと思う

まずは独学しつつプログラミングスクールの無料体験会に行ってみるのが一番だと思います。(例えば、テックキャンプの無料体験会とかですね)

まずは独学でできるかやってみて、それでOKだったらスクールに通わなくても済みますしね。もし無理だなと思ったら途中からスクールに通い始めるのがベストだと思います。

そして、スクールに通うという選択をいつでもとれるように、今このタイミングでプログラミングスクールの無料体験会を利用しておくと良いと思います。

無料説明会テクノロジーを学ぶメリットや、最短で技術を身に着ける方法を知れる。
無料体験会WebやAIといった最新のプログラミングが実際に学べる。
無料相談会プログラミングに関して個別にカウンセリングしてもらえる。学習に関しての不安などを解消できる。

テックキャンプでは無料で、一度に上記3つ全てに参加することができます。

※無料です

テックキャンプ無料説明会の申し込み手順

テックキャンプの無料の「説明会・体験会・相談会(セットです)」の申し込み手順を解説します。 3ステップ・10秒で申し込めます。

  • 手順①:まずはテックキャンプのサイトにアクセスし
  • 手順②:参加したい教室とコースを選択します。
  • 手順③:最後に簡単な基本情報を入力して完了です。

これだけです。

手順①:まずは、テックキャンプのサイトにアクセスします。

(オンライン説明会希望の方はこちらからどうぞ >>TECH::CAMPオンライン説明会)

手順②:次に、参加したい「教室」と「コース」を選択します

手順③:最後に、簡単な基本情報を入力して終わりです。

説明会・体験会・相談会はすべてがセットで無料です。参加をしても損しないので、これを機に、ぜひどうぞ。結局は、自分から動かないと、現状を変えることはでないですからね。

また、無料体験会の空き状況は、申し込みページから確認することができます。

大学生は少しずつプログラミングを始めてみましょう!

独学でもスクールでも体験会でも良いので、まずは少しずつ始めてみましょう!独学でプログラミングの雰囲気を知り、体験会でスクールの雰囲気を知りましょう!

そして少し続けたら独学かスクールか改めて検討しましょう!ただやっぱりお金が結構かかるので(大学生には辛い。。)、上記のメリットと金銭的デメリットをよく比較した上で決めましょう。

独学できる人もスクールに通うことで学習効率がかなり上がります。独学でプログラミング学習ができている人には優秀な人が多く、そんな優秀な人こそプログラミングの基礎の部分を早く終わらせて、次のステップ(インターンやパーソナルサービスの開発)に行くべきです。

また、「困った時に質問できる人がいる」というのは、かなり重要です。プログラミング学習が進んでいくと、バグの解決に数時間、もしくは一日以上かかることもあります。初期の学習段階では、一定時間以上の悩んでいる時間は無駄なので、スクールに通わないにしても、相談できる人は確保しておきましょう。

最後に、ほとんどの「普通」の大学生は「今は、忙しいから。。」と言い訳してチャンスを逃し、ネットサーフィンで情報を集めて、賢くなったつもりになって満足して終わりです。損していることにも気づきません。周りの優秀な大学生がどんどん行動する中、行動しない人だけがチャンスを失っています。大学生は行動力が取り柄です。少しずつ動きましょう!

人生を変える1ヶ月【TECH::CAMP(エンジニアスクール)】

結局、このチャンスを利用して自分の人生に向き合うことができるのは、実際に行動した人だけですからね。

ABOUT ME
アバター
はたけん
学生生活8年目の現役大学生です。高専生として5年間を過ごし、その後、大学に編入しました。「大学生の日常をちょっと豊かにする」をテーマにはたけんブログ(月間50,000pv)を運営しています。大学生をしながら、エンジニアとしてベンチャーで働いたり、セブ島でマーケターとして月間25万pvのメディアを運営しています。詳細はこちら▶︎はたけんのプロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です