未分類

メルボルンの柔道教室・Zenyo Judoで日本文化に触れる

この記事では、オーストラリア・メルボルンにある柔道教室・Zenyo Judoを紹介しています。Zenyo Judoは僕がメルボルンにきてからずっと通っている素敵な柔道教室です。

お子さんに日本文化を知ってほしいメルボルン在住のお母さん、お父さん」や、「メルボルンで柔道したいけど道場あるかな?」と思われている日本人の方に向けて書きました。

  • Zenyo Judoの概要について
  • 設立者のデイモン先生へのインタビュー

について書いています。参考になると幸いです!

(この記事の情報は2019年8月時点のものです。詳しくはお問い合わせください。)

メルボルンの柔道教室・Zenyo Judoについて

Zenyo JudoはメルボルンのCollingwoodにある柔道教室で、オーストラリアと日本で15年以上柔道を続けてこられた、Damon Dwolf Ellis(デイモン)先生によって設立されました。

日本の伝統的な柔道を学ぶことができ、道場では数を数えたり簡単な挨拶の場面において日本語が飛び交うこともあります。

Zenyo Judoについて

  • レッスン日時:毎週月曜日・土曜日
  • 場所:Collingwood
  • 料金:50ドル/月(無料体験あり)

詳しくはFaceBookとHPをご覧ください。

ビクトリア州の他の道場こちらから確認できます。

メルボルンの柔道教室・Zenyo Judoのレッスン日時

レッスンは毎週月曜日と土曜日の週2日、行われています。

レッスンの日時
毎週月曜日Juniors:午後4時30分〜午後6時
Seniors:午後6時〜7時
毎週土曜日Seniors:午後2時〜午後4時

メルボルンの柔道教室・Zenyo Judoの場所

道場はCollingwoodにあり、電車やバス、トラムでのアクセスが非常に便利です。

  • 最寄りのCollingwood駅から徒歩3分
  • CBDから10分ほど

メルボルンの柔道教室・Zenyo Judoの料金

Zenyo Judoの料金についてです。

  • 初週は無料体験できます。
  • その後は、15ドル/1レッスンもしくは50ドル/月です。

レッスンの参加回数に応じて、1レッスン毎の支払いor月払いを選択できます。

メルボルン柔道教室・Zenyo Judoの特徴は?

僕がZenyo Judoに通い始めて2ヶ月になります。デイモン先生も柔道仲間もみんな素敵なんですが、その中でも僕が個人的に思う素敵ポイントを紹介したいと思います!

Zenyo Judoの特徴①:デイモン先生は日本語を話せます

なんと、設立者のデイモン先生は日本語を話せます!日本でALTの先生をされていたそうです。メルボルンで日本語を話せる先生がいる柔道クラブは少ない(ほぼない)ので、英語が不安な方にも安心です。(レッスンは英語で進むので、英語の勉強にもなります。)

また、デイモン先生の熱心かつ丁寧な指導がポイントで、正確なフィードバックのもとで練習ができます。

(「ぼくは日本語が話せます!!!!」と言っています。)

Zenyo Judoの特徴②:安全に配慮されたレッスン

Zenyo Judoでは安全に配慮されたレッスンを通じて、柔道を学ぶことができます。初心者の方が安心して柔道を学び始められるように受け身から学び、そして徐々にステップアップして技を学んでいきます。

受け身:怪我せず技を受ける方法

(Juniorクラスの受け身の練習風景です。)

Zenyo Judoの特徴③:アットホームな雰囲気で幅広い世代と交流できる

Zenyo Judoの生徒数は約20名です。曜日によって参加人数が違いますが、大体4-8名ほどで1レッスンを受けられるので、アットホームな雰囲気の中、仲良く交流しながら練習できます。

また、生徒の国籍や年齢が多様で、オーストラリアの方を始め、フランス、ベトナム出身の老若男女が一緒に練習しています。

(Seniorクラスの練習風景です!)

Zenyo Judoはこんな方におすすめ!

お子さんに日本の文化に触れてほしいお母さん、お父さんにおすすめです。ここ、Zenyo Judoには、柔道を通じて日本の文化を学ぶ機会があります。

  • お子さんに日本の文化に触れてほしいお母さん、お父さん
  • 海外の柔道クラブで練習したい方
  • 新しく運動やスポーツを始めたい方

もちろん、日本で柔道をしていて海外の柔道クラブで練習をしてみたい方も快く受け入れてくれます。また、新しく運動やスポーツを始めたい方にもおすすめです。(見学もOK)

(先生に向かって礼!の場面です。)

デイモン先生が大切にしていること・想い

Zenyo Judoを設立されたデイモン先生に「柔道教室を設立された理由」や「指導する上で気をつけられていること」を伺ってみました!!

はたけん
はたけん
先生はどうして道場を開こうと思ったんですか?
デイモン先生
デイモン先生
僕は14歳から柔道を始めたんだけど、大切な時期を柔道と過ごし、そして支えられてきたんだよね。だから今度は、柔道の「柔らかさ」や「楽しさ」というものを他の人にもっと知ってもらいたと思ったからなんだ。
はたけん
はたけん
なんだか僕も嬉しいです。次は、指導する上で大切にされていること聞いても良いですか?
デイモン先生
デイモン先生
まずは「安全第一」だね。子供も大人も怪我がないように気を付けて指導しているよ。あとは生徒の興味を引き込む指導を心がけているよ。柔道で使う日本語を面白い英語で表現してみたりしてるよ!

柔道選手としても上達できるように丁寧なフィードバックを心がけているね。

はたけん
はたけん
見習います。。最後に何か記事を読んでくれている方にメッセージをください!!
デイモン先生
デイモン先生
何が良いかなあ。僕は、”There is no end in learning JUDO”という山下義韶先生の言葉が好きなんだ。ぜひ一緒に柔道を学んでくれると嬉しいです!!
はたけん
はたけん
ありがとうございました!!!!!

メルボルンのZenyo Judoで柔道を学ぼう!

以下から連絡できます。英語・日本語のどちらでもOKとのことです。(ハタケンブログをみたよ!と言ってもらえると話がスムーズに進むと思います。)

初週のレッスンは無料&道着も借りられます!まずはお気軽に足を運んでみてください!見学だけでもどうぞ!心配な方は僕に連絡ください。案内します!!(はたけんのTwitter

 

デイモン先生
デイモン先生
ぜひ一緒にメルボルンで柔道をしましょう!それでは道場で!
ABOUT ME
アバター
はたけん
学生生活8年目の現役大学生です。高専生として5年間を過ごし、その後、大学に編入しました。「大学生の日常をちょっと豊かにする」をテーマにはたけんブログ(月間50,000pv)を運営しています。大学生をしながら、エンジニアとしてベンチャーで働いたり、セブ島でマーケターとして月間25万pvのメディアを運営しています。詳細はこちら▶︎はたけんのプロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です