大学生とお金

大学生の1ヶ月のお小遣いや仕送りの平均金額と相場はいくら?

この記事は、大学生の1ヶ月のお小遣いや仕送りの平均金額と相場について書いています。

本記事は大学生のお小遣いや仕送りがどれくらいの金額なのかを知りたいり大学生、もしくは親御さんに向けて書きました。

仕送りとお小遣いの相場については、大学生協のアンケート調査のデータを基にしています。

 

大学生のお小遣いと仕送り額を生協のデータからみる

大学生協(全国大学生活協同組合連合会)「第53回学生生活実態調査の概要報告」を参考にしました。

調査実施期間は「2017年10〜11月」で、調査対象は「全国の国公立および私立大学の学部学生」です。

回収数は10,021(30大学・回収率32.3%)です。

参照:全国大学生活協同組合連合会 「第53回学生生活実態調査の概要報告」

 

大学生のお小遣いと仕送りの平均金額

大学生のお小遣いと仕送りの平均金額は以下です。

 

  • お小遣いの平均金額:13,550円/1ヶ月
  • 仕送りの平均金額:72,980円/1ヶ月

 

上記が平均金額になります。

 

通学する大学生へのお小遣いの平均金額は13,550円

実家や自宅から通学する大学生の平均金額は13,550円です。

この小遣いの使い道として、お昼のお弁当がない場合は、13,550円はお昼ご飯の食費に充てるとなくなるくらいの額です。

大学生協の調査によれば通学生の食費が12,580円なので、ほとんど同額ですね。

お弁当がある場合は、この13,550円は自由に使えるお金ということになりますね。

大学生の食費については以下に詳しく書いています。

一人暮らしする大学生の1ヶ月の平均食費は約25,000円|節約のコツも!本記事は、大学生の1ヶ月の食費の平均と節約する方法について書いています。 食費を一日あたりに換算した金額に加え、実家暮らしや一人暮...

 

自宅外から通う大学生への仕送りの平均金額は72,980円

自宅外(アパートやマンション等)から大学に通う学生への仕送り額の平均は72,980円です。

72,980円の使い道として、住居費の支払いに充てる分が多そうです。

大学生協の調査によれば、下宿生の住居費の平均額は52,820円なので、大方は家賃等のためになるでしょう。

また、アパートやマンションに住む場合は食事を用意することになるので、食事代と住居費でこれくらいになるのではないでしょうか。

大学生の生活費について、以下に詳しく書いています。

大学生の平均的な収入と支出(出費・生活費)の内訳を詳しく解説! 大学生の平均的な収入と支出(出費・生活費)の内訳を詳しく解説しています。 実家から通う場合と一人暮らしする場合を比較してポ...

 

大学生のアルバイトによる収入は6年連続で増加、小遣いは4年連続で減少

大学生の収入の内訳額はアルバイトによる収入が6年連続で増加し、小遣いの額は4年連続で減少中です。

日本の苦しい家計事情が反映されている感じがして、少し寂しいですね。

 

大学生にお小遣いは必要か

さて、大学生にお小遣いは必要なのでしょうか。

大学生としては、お小遣いがあればかなり助かりますが、家庭や大学生本人の状況を鑑みて判断するのが良いと思います。

クラブ活動していて忙しいや授業の関係でバイトができないなど、それぞれ事情があると思いますので、相談して決めるのが吉です。

 

大学生のお小遣いや仕送りの金額は相談するのが吉

お小遣いや仕送りあげる(もらう)のであれば、どの程度の金額にするのかを家庭で話し合った方が良いと思います。

家庭の状況や学生本人の状況を鑑みて、相談の上で有無や額を決めるのが吉です。

両者ともに納得した上での大学生活にするためにも、相談は重要になります。

 

学年や時期に応じてお小遣いの額を見直す

学年や時期に応じてお小遣いの額を見直すのが大切だと思います。

大学1年生の頃と4年生では、アルバイトやその他のお金事情も異なってきていると思います。

大学生は増額、親御さんであれば減額を狙って話し合うのもありではないでしょうか。

 

条件付きのお小遣い制度もありだと思う

条件付きのお小遣い制度もありかもしれません。

成績でどの程度とったらなど基準を定めて、インセンティブのような設計にするのもありだと思います。

お小遣いのためにある程度頑張らないとという意思が働くことも多いです。

勉学だけの基準にこだわらず、学生や家庭の状況に応じた基準に設定にすると良いのではないでしょうか。

 

大学生は収支を把握してお小遣いを上手く使おう

大学生は収支を把握してお小遣いを上手く使いましょう。

収支を管理だけで、お小遣いを無駄遣いせずに済みます。

今はお金の収支を簡単に管理できるアプリが多くあり、「マネーフォワード」や「Moneytree」などがそうですね。

クレジットカードと連携して自動で計算してくれたり、レシートを読み込ませたり、銀行の口座と連携するなどして、全てのお金の流れを一元的に管理できます。

アプリを入れるだけでもお金に対する意識が変わります。活用していきましょう。

 

お金が足りないと悩む大学生はお金の勉強をしよう

お金が足りないと悩む大学生はお金の勉強をしましょう。

お金について理解することで、節約する方法や、稼ぐ方法が見えてきます。

本を何冊か読んでおくだけでも、お金に対する考え方が全く違ってます。

2019年|大学生が読むべき「お金」を勉強できるオススメの本8冊 この記事は、2019年版の大学生が読むべき「お金」を勉強できるオススメの本を8冊、紹介しています。 金持ち父さん貧乏父さん...
ABOUT ME
アバター
はたけん
学生生活8年目の現役大学生です。高専生として5年間を過ごし、その後、大学に編入しました。「大学生の日常をちょっと豊かにする」をテーマにはたけんブログ(月間50,000pv)を運営しています。大学生をしながら、エンジニアとしてベンチャーで働いたり、セブ島でマーケターとして月間25万pvのメディアを運営しています。詳細はこちら▶︎はたけんのプロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です