大学生活の基本

大学生が寮生活をするメリット・デメリット・費用・探し方

本記事は大学生が寮生活をするメリット・デメリット・費用・探し方・寮生活を考える際に気をつけること・寮に住む大学生の割合について書いています。

この記事は大学生の寮生活全般について知りたい方に向けて書きました。

僕は高専で2年半と大学で4年の計4年半の間、寮生活をしてきました。

本記事を通じて、寮生活の雰囲気を知ってもらえると良いなと思います。

 

寮に住む大学生の割合

寮に住む大学生の割合はそれほど高くなく、自宅外に住む大学生の中でも3%ほどです。

自宅外に住む人のほとんどは、アパートかマンションで生活しています。

ちなみに、45.5%の人が自宅から大学に通い。54.5%の人が自宅外から通っています。

第53回学生生活実態調査の概要報告

全国大学生活協同組合連合会

 

大学生は寮生活がオススメ

個人的には、大学生が寮生活をするのは非常におすすめです。

なぜなら、得られるメリットがたくさんあるからです。

以下から詳しく説明します。

  

大学生が寮生活するメリット

大学生が寮生活することのメリットをまとめました。

大学寮生活のメリット①:家賃が安い

まず、大きなメリットは家賃が安いことです。

一人暮らしの場合と比べても家賃が大幅に安いことが多いです。

家賃については詳しく後述します。

 

大学寮生活のメリット①:初期費用を抑えられる

初期費用を抑えられることも寮の良いところです。

新しく家財道具(衣装ケースや電化製品など)を揃えなくて済むのでめちゃくちゃ安く済みます。

 

大学寮生活のメリット②:通学に便利

大学の直営寮は大学に隣接している場合が多く、通学に非常に便利です。

大学近くのアパートを借りるのも良いですが、学生寮の方が大学に近い場合が多いでしょう。

 

大学寮生活のメリット③:縦と横のつながりが広がる

学生寮に入ると、縦と横のつながりが生まれやすいです。

大学寮に入った時点で、同期や先輩から大学生活の情報がバンバン入ってきます。

 

大学寮生活のメリット④:毎日が楽しい!!

寮生活の大きなメリットは毎日が友人に囲まれることです。

寮生活なので、ずっと友達と一緒にいるような感じですね。

友人と一緒に勉強をしたりパーティーを開いたりできるのも学生寮に入ることの大きなメリットです。

 

大学生が寮生活するデメリット

大学生が寮生活する際のデメリットについてまとめました。

大学寮生活のデメリット①:プライバシーを完全には保てない

やはり、寮に入るとプライバシーを完全に保つことは難しくなります。

個室の場合でも、すぐに人に訪れられる環境にありますしね。

 

大学寮生活のデメリット②:門限があるかも

学生寮の場合、門限がある場合があります。

実家暮らしだと門限は家庭によりますが、アパートやマンションだと門限はありません。

親御さんからすると、門限があることはメリットかもしれません。

 

大学寮生活のデメリット③:トイレやお風呂は共同の場合も多い

寮生活の場合、トイレやお風呂は共同で使用することが多いと思います。

清潔に保たれていれば良いですが、そうでない場合はけっこう住みずらいかもしれません。

 

大学寮生活のデメリット④:盗難の被害に遭う可能性がある

寮に住んでいる人がいい人ばかりとは限らないので、盗難が発生することもあります。

けっこう耳にします。

 

大学生が寮生活する際の費用

大学生が寮生活する際の費用についてまとめました。

学生寮の費用はほとんどの場合、アパートやマンションを借りるよりも安いです。

家賃や費用は地域や大学によってかなり異なってくるので、以下に具体例を紹介します。

例えば、東大の「三鷹国際学生宿舎」(2018年時点)は、家賃は4700円で諸経費を入れると11500円です。水道光熱費をいれても15000円ほどですむみたいですね。

早稲田大学直営寮「国際学生寮WISH」(2018)の場合は、水道光熱費インターネット込みで月53000円で中野に住むことができます。

各大学によって、寮の家賃や形態は異なるので各大学のHPを確認してみてください。

 

大学学生寮の探し方

大学の学生寮を探す際は、まずはインターネットで「〇〇大学 寮」と検索するのが良いと思います。

寮のある大学であればサイトやHPが出てくるので、詳しくみてみましょう。

疑問点があれば、大学に直接問い合わせて確認できます。

直営の寮がなくても外部委託の寮がある場合もあり、また、学生会館や県人寮なんかあります。

 

寮生活を考える際に気をつけること

大学生が寮へ住みたい場合は早めの申請を

寮へ住むことを考えている場合は、早めに申請をしておきましょう。

寮に住むためには選考があることが多く、選考に間に合うように各種書類を用意する必要があります。

 

大学の寮のルールは大学や運営会社によって異なる

寮にはルールがあり、これらは各大学や運営会社・団体によって異なります。

門限の時間も異なってきます。

希望している寮のルールや費用形態を事前に確認しておくのが吉です。

 

大学生の寮生活は当たり外れがある

寮生活には当たり外れがあります。

寮生活は他人との共同生活なので、性格や嗜好の合わない人とも一緒に暮らすことになり、その分、生活の質は他人に影響されてしまいます。

そのため、事前に寮の雰囲気や住んでいる人の様子を確認しておくことも必要になるかと思います。

迷ってるなら寮生活はオススメ

寮生活するか迷っているなら、個人的には入寮をオススメします。

寮に入って楽しくなかったら別に出られるので、とりあえず入ってみるのがありだと思います。

ABOUT ME
アバター
はたけん
学生生活8年目の現役大学生です。高専生として5年間を過ごし、その後、大学に編入しました。「大学生の日常をちょっと豊かにする」をテーマにはたけんブログ(月間50,000pv)を運営しています。大学生をしながら、エンジニアとしてベンチャーで働いたり、セブ島でマーケターとして月間25万pvのメディアを運営しています。詳細はこちら▶︎はたけんのプロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です