大学生と働く

大学生の失敗しない長期インターンの探し方と選び方|おすすめ

大学生の失敗しない長期インターンの探し方と選び方について書いています。

インターンを探す5つの方法や自分に合った求人を選ぶ方法について書きました。

この記事は、長期インターンを探したい方に向けて書いています。

本記事を書いている僕はエンジニアインターンをしていた現役大学生です。

 

もくじ

長期インターン(エンジニア)を経験した大学生です

僕はエンジニアとして教育ベンチャーで長期インターンをしていました。

 

  • インターン先:創業2年目の教育ベンチャー
  • 立場:2人目のエンジニア
  • 働いた期間:ちょうど6ヶ月
  • したこと:新規Webサービスの開発など

 

インターン先は社員が5人で全員が20代前半というドベンチャーで、会社のビジョンミーティングに参加したり、楽しくさせてもらっていました。

僕は2人目のエンジニアとしてジョインし、Webアプリの新規開発やスマホアプリの管理システムの開発などを行いました。めちゃくちゃ良い経験になりました。

長期インターン体験談|大学生エンジニアの教育ベンチャー記この記事では、エンジニアとしてスタートアップで長期インターンをした大学生(僕)の経験をまとめました。 インターン先を見つけた方法・...

 

大学生は自分に合った長期インターン先を見つけよう

長期インターンを始めようと思ったときに一番難しいのが、自分に合った求人を見つけることです。

なかなか思うような長期インターンの求人に出会えなかったりもします。

希望通りの職場を見つけるためには、諦めず様々な方法でインターン先を探すことが大切です。

自分に合った長期インターン先を見つけて、大学生活を充実させましょう。

【実体験】大学生が長期インターンをするべき5つの理由|メリットこの記事は、大学生が長期インターンをするべき5つの理由について書きました。 長期インターンのメリットを僕の実体験から書いています。...

 

大学生の失敗しない長期インターンの「探し方」

大学生の失敗しない長期インターンの「探し方」について書いていきます。

大学生の失敗しない長期インターンの「探し方」まとめ

まとめるとこんな感じです。

 

長期インターンの探し方
  • 知人の紹介
  • 求人サイトを使う
  • 相談会に行く
  • 企業のHPから応募する
  • スカウトを待つ

 

以下で詳しく説明していきます。

 

長期インターンの探し方①:知人からの紹介

長期インターンを探す方法として「知人からの紹介」があります。

友達がすでに長期インターンをしていたりする場合は、もしその企業で長期インターンを募集していれば紹介してもらうことも可能です。

とはいえ、長期インターンをしている友達が周りにいなかったり、いたとしても働いている会社が、常に長期インターンを募集しているとは限りません。

そういった場合は、以下で紹介する「長期インターン専用の求人サイト」から探すのがおすすめです。

 

長期インターンの探し方②:求人サイトを使う

長期インターン専用の求人サイト」を使うのが、最も一般的な長期インターンの探し方です。

長期インターンの求人数は3000件以上と意外に多く、求人サイトは10以上あります。

まずは、求人数の多いキャリアバイトからチェックするのが効率的です。登録するだけで新着やおすすめの求人を教えてくれます。

見逃さないためにも、サクッと登録を済ませておきましょう。数分で終わります。

他のオススメの求人サイトもこちらに載せておきます。

 

 

詳しくはこちらにまとめてありますので、どうぞ。

大学生にオススメの長期インターン募集・求人サイト6選|有給のみ長期有給インターンを探したい学生に向けて、オススメの長期有給インターン募集サイト6選について書きました。 15以上の長期有給インタ...

 

長期インターンの探し方③:相談会を利用

長期インターンを探す3つ目の方法は、長期インターンの求人を扱っている会社の「相談会」を利用する方法です。

例えば、JEEKなどでは無料の相談会が開かれており、長期インターン探しの相談に乗ってくれます。

無料で相談に載ってくれるので、利用してみてください。

 

長期インターンの探し方④:企業のHPから応募

企業のHPから直接応募するのも一つの手です。

求人サイトには載せていなけれど、長期インターンを企業のHPで募集している会社もあります。求人媒体に載せるにはお金がかかるからですね。

興味のある企業がある場合は企業のHPをチェックしてみましょう。

また、サイトに載っていない場合でも、例外として採用されるケースもあるので是非連絡を取ってみることをオススメします。

 

長期インターンの探し方⑤:スカウト機能を利用する

個人的にオススメなのがスカウト機能を利用するというものです。

これは、サイトにプロフィールを登録しておくことで、長期インターンのスカウトがくる機能ですね。キャリアバイトWantedlyなどでスカウトを受けることができます。

実際に、僕もプロフィールを書いておいたら、今までに5社以上のスカウトがありました。しかも、グロービスとかから。

 

大学生の失敗しない長期インターンの「選び方」

大学生の失敗しない長期インターンの「選び方」について書いていきます。

 

長期インターンの選び方
  1. 求人の条件を知る
  2. 自分の希望を決める
  3. 再び求人を確認し、決断

 

以下詳しく解説していきます。

 

長期インターンの「選び方」①:求人の条件を知る

長期インターンの「選び方」として、まず重要なのは求人の条件を知っておくことです。

どのような職種や業界などで募集があるのかを知っておきましょう。

 

  • 職種
  • 業界
  • 勤務地
  • 給料
  • その他条件

 

上記の条件について以下で詳しく紹介します。

 

長期インターンの求人がある「職種」を知ろう

まず、長期インターン先を探すときに重要なのが、募集のある「職種」を知っておくことです。

長期インターンを募集している職種は様々です。

 

  • エンジニア
  • 営業
  • マーケティング
  • 広報
  • 企画
  • ライター
  • 事務

 

興味のある職種の求人をチェックしてみましょう。

 

 

長期インターンを募集している「業界」を知ろう

長期インターンはほとんどの業界で募集されています。

 

  • IT
  • 広告
  • 商社
  • メーカー
  • 金融
  • コンサルティング
  • アパレル/ファッション
  • 教育/福祉/介護
  • 人材
  • 不動産/建築
  • サービス 

 

ほぼ全ての業界で募集がありますね。

 

長期インターンができる「勤務地」を確認しよう

長期インターンできる「勤務地」の多くは「東京近辺」です。

大阪やその他の都道府県でも募集がありますが、東京に比べると圧倒的に選択肢が少ないです。

また、リモートでできる案件もありますが、正直言ってそこまで多くないです。

調べる価値はあるので、できるだけ多くのサイトをみて回りましょう。

 

長期インターンで稼げる「給料」相場を知ろう

長期インターンの「給料」相場は1000-1200円ほどで、アルバイトと同じか少し高いくらいです。

エンジニアなどの職種であれば1500円以上の求人もわりとあります。

また、長期インターンはスキル次第というところがあるので、経験者であったり、仕事に慣れてスキルが上がれば100円単位での給与アップも見込めます。

ここがアルバイトと違うところですね。

 

長期インターンの「その他条件」を確認してみよう

長期インターンの求人は「職種」や「業界」以外にも様々な条件があります。

 

  • ベンチャーがいいのか上場企業がいいのか、
  • 最低限必要な出勤日数や、出勤可能な時間
  • 交通費は出るのか
  • 新規事業立ち上げに参画できる など

 

様々な条件で検索することができます。是非色々探してみましょう。

 

長期インターンの「選び方」②:自分の希望を決める

長期インターンの求人の条件を知ったら、次は自分の希望を明確にしましょう。

職種や業界、給料など、自分の優先する事項や譲れない項目、譲れる項目を整理しましょう。

 

長期インターンの「選び方」③:再び求人を確認し、決断

自分の求める求人を再び確認し、興味のある求人に狙いを定めましょう。

ここまでくれば、求人の選択は終了です。

あとは合格するだけになります。

理想の長期インターン求人がなければ、条件を見直そう

理想の長期インターン求人がなければ、条件を見直しましょう。

条件にこだわりすぎると自分に合う求人がなかなか見つからなくなります。

選択肢を柔軟にすることも大切です。

 

大学生が長期インターンに採用されるまでの流れ

大学生が長期インターンに採用されるまでの流れについて書いていきます。

ここでは、一般的な応募手段である、長期インターンの募集サイトを使う手順を書いていきます。

 

  1. サイトに登録
  2. プロフィールを登録
  3. WEBから応募
  4. 面接→合格

 

大まかな流れは上記のような感じです。

どこのサイト・企業も同じような流れだと思います。シンプルですね。

面接は大体1回〜2回です。

 

興味のある企業が見つかったら、面接の前に話を聞きにいきましょう

興味のある企業が見つかったら、面接の前に話を聞きにいきましょう。

いきなり企業に応募するのも良いですが、まずは話を聞きに行くことをオススメします。

 

  • 書かれていることは本当か、変更はないか確認
  • 職場の雰囲気はどうか確認
  • 書かれていないことで聞きたいことを聞く

 

サイト経由で連絡が取れない場合は、企業と直接連絡をとっても良いと思います。

 

長期インターン探しは情報収集が大切

長期インターン探しは情報収集が大切です。できるだけ、多くのサイトをチェックしましょう。

また、求人はどんどん追加・更新されていくので、希望通りの求人がない場合もときおりチェックするのが良いです。

新着の長期インターンシップ求人を見逃さないためにも、キャリアバイトに登録しておくとメールが届くのでオススメです。

登録はもちろん無料です。登録をしても損しないので、これを機に、ぜひどうぞ。結局は、自分から動かないと、現状を変えることはでないですからね。

 

 

ABOUT ME
アバター
はたけん
学生生活8年目の現役大学生です。高専生として5年間を過ごし、その後、大学に編入しました。「大学生の日常をちょっと豊かにする」をテーマにはたけんブログ(月間50,000pv)を運営しています。大学生をしながら、エンジニアとしてベンチャーで働いたり、セブ島でマーケターとして月間25万pvのメディアを運営しています。詳細はこちら▶︎はたけんのプロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です