大学生とお金

大学を学費分だけ活用する17の方法【大学の価値(メリット)】

この記事は「大学は学費分だけの価値やメリットがあるのか」、「どのようにすれば大学を活用できるのか」を知りたい人に向けて記事を書きました。

本記事を読むことで、大学で活用できるものを知ることができます。

以下に整理したので、順に紹介していきます。

 

もくじ

多くの大学生は多額の学費を納めている

私立の大学では授業料だけでも、年間70万円以上、国公立の大学でも50万円以上が毎年かかっています。

さらに、施設使用料やその他の費用を合わせると私立大学への年間納入費は100万を超えてきます。

 

既存の大学は学費分だけの価値があるのか

非常に多くの大学生が多額の費用を納めています。

大学生は、年間100万円以上の学費に値する価値を受け取れているでしょうか。

最近では、オンデマンドの高品質のオンライン動画が小額で配信され、オンラインサロン等をはじめとする学びのコミュニティーも多様化してきました。

また、日本ではサイバー大学など、世界ではミネルバ大学が「新しい形の大学」として誕生しています。

こういった流れの中で、既存の多くの大学に多額の学費を収めるだけの価値があるのでしょうか。

以下に大学を「大学を最大限に活用する方法」について書いていきたいと思います。

 

大学を学費分だけ活用する方法:「施設」編

大学を学費分だけ活用する方法について、まずは「施設」について書いていきたいと思います。

学費分の価値がある大学施設①:図書館

図書館は大学に通っていると常に近くにあります。

 

学費分の価値がある大学施設②:キャリアセンター

人生の相談するために

僕は信頼していないのでいきません笑

 

学費分の価値がある大学施設③:生活相談センター

心理カウンセラーとタダで話せます。

 

学費分の価値がある大学施設④:資格・免許取得支援センター

教職や看護師等の資格にとる際に詳細なアドバイスをしてくれます。

 

学費分の価値がある大学施設⑤:国際交流センター

僕の大学には外国語のネイティブの職員と共に過ごせるスペースがあります。

 

学費分の価値がある大学施設⑥:食堂

安く美味しいご飯を食べられる。

 

学費分の価値がある大学施設⑦:学生寮

安く近くで生活できる。

 

学費分の価値がある大学施設⑧:教室

mtgや勉強会をするときに必要な借りれて、必要な設備も整っています。

 

大学を学費分だけ活用する方法:「設備」編

次に、大学を学費分だけ活用する方法について、「設備」について書いていきたいと思います。

学費分の価値がある大学設備①:実験道具・実験設備

理系では特に意味が大きいです。

学生個人では使えないような実験道具や設備が使えます。

 

学費分の価値がある大学施設②:パソコン

パソコンがフリーで使えます。

大学生でないとどこかで使いたいとなったら、買うか、お金を払ってネットカフェなどで有料で使うしかないですよね。

 

学費分の価値がある大学施設③:Wifi

通信をするのに必要なwifiが無料で使いたい放題です。

 

学費分の価値がある大学施設④:ラウンジ・空きスペース

勉強するおしゃれスペースがあります。

日のさしこむ気持ちの良いスペースとか。

 

学費分の価値がある大学施設⑤:ベンチ

パソコン触ったりとか自分の時間を過ごすために。

風の吹く心地の良いベンチなど。

僕も今この記事を大学の中庭で書いている。

気持ち良い。

 

大学を学費分だけ活用する方法:「制度」編

続いて、大学を学費分だけ活用する方法について、「制度」について書いていきたいと思います。

学費分の価値がある大学の制度①:奨学金

奨学金を確保して、出した分のお金は取り返しましょう。

 

学費分の価値がある大学の制度②:活動助成金

サークルや学生団体に所属して、活動助成金をもらいましょう。

 

学費分の価値がある大学の制度③:Office365

多くの大学はOffice365を無償で配布しています。

2万円くらいするofiiceが無料でダウンロードできます。

 

学費分の価値がある大学の制度④:学割

学生という身分を活かして学割を使いましょう。

電車やバス、映画館とか、Amazon student、WantedlyもNewspics、まじ部でも使えます。

 

学費分の価値がある大学の制度⑤:留学

学費免除で留学できることもあります。

これが使えるとかなりお得に海外の大学に留学できます。

 

大学を学費分だけ活用する方法:「人」編

学費分の価値がある大学の人①:教授

学問のことはもちろん、人生に困ったら相談相手として強いです。

少人数のクラスなんかとるとお得、

先生をその値段で雇おうと思ったらコマ分以上のお金を払わないといけないです。

オフィスアワーなんかは独り占めできますね。

 

学費分の価値がある大学の人②:友人

大切な友人と出会えることも大学の重要なポイントだと思います。

 

学費分の価値がある大学の人③:先輩

人生に困った時も、一緒に楽しむ仲間としても!

 

学費分の価値がある大学の人④:後輩

自分を振り返るきっかけにもなる。

あと、純粋に楽しい!し尊敬できる後輩もたくさんいる!

 

学費分の価値がある大学の人⑤:大学職員

大学関連のことで困ったら!仲良くなれば裏側の事情も教えてくれたり!

 

大学を学費分だけ活用する方法:その他

学費分だけ授業を受けまくる

もちろんだけど、124単位以上も取れるし、他の学部の授業に潜り込んで出ても良い。

 

大学のサークルの価値

仲間と出会える場所。

成長できる場所。

自分の夢に近づける場所として。

 

大学生という社会的身分の価値

大学生という身分があるだけ年上の人が応援してくれる。

若い、そして大学生となるとお得、応援もしてくれる。

 

大学卒業という学歴の価値

学歴の便益は教育経済学的にはありそうです。

 

大学に通う価値(メリット)は自分で増やす

年間100万円と学費を計算し200日でわると1日5000円、大学に払っています。

さて、ここまで大学を活用する方法を紹介してきました。

何もしなくても学歴は手に入るので、最低限の大学に通う意味は生まれます。

ですが、一日5000円の投資をさらに活用するかしないかは、本人次第だということです。

 

ABOUT ME
アバター
はたけん
学生生活8年目の現役大学生です。高専生として5年間を過ごし、その後、大学に編入しました。「大学生の日常をちょっと豊かにする」をテーマにはたけんブログ(月間50,000pv)を運営しています。大学生をしながら、エンジニアとしてベンチャーで働いたり、セブ島でマーケターとして月間25万pvのメディアを運営しています。詳細はこちら▶︎はたけんのプロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です